東大阪の整骨院 山中鍼灸整骨院 東大阪の整骨院 山中鍼灸整骨院

072-981-9177

施術内容

なかなか取れない痛みの方へ

整筋施術

整筋施術 整筋施術
3ステップ ほぐす・伸ばす・整える
1. ほぐすとは筋肉に酸素を送り正常な筋肉にしてあげる事。
正常な筋肉とはどんな状態でしょうか?
誰もが柔らかくしなやかな筋肉を想像するでしょう。ではなぜ正常な筋肉は柔らかくしなやかなのでしょうか?それは正常な筋肉には血液から酸素が沢山供給されているからです。逆に硬い筋肉には、乳酸や老廃物が溜まり疲れが抜けず痛みの原因を引き起こします。硬い筋肉は痛みだけでなく動きも滑らかさを失い、直線的な動きしか出来なくなります。直線的な動きは老人の動きを想像させます。若い人の動きは滑らかでしなやかな動きをします。 つまり年齢ではなく筋肉の硬さが人の見た目年齢を決めているのです。
この様な硬い筋肉は放って置いても柔らかくはなりません。
更に長年硬い筋肉には、脳からの指令で筋肉の緊張を解く事が出来ない人もいます。筋肉に適切なアプローチをする事で酸素供給を促し、脳からの指令を筋肉の側から緩むように働きかけていきます。脱力と酸素供給を施し正常に導く事をほぐすといいます。
2. 伸ばすとは筋肉を緩め正常なパフォーマンスに戻してあげる事。
筋肉を含め人間は1枚の皮で繋がっています。
痛めた部分が他の所に影響を与える事が多々あります。
例えば足の緊張、怪我の部分の皮膚のハリが首に影響を与える事があります。
または、首の緊張が股関節に影響を与えたりもします。
右の手の平で壁を押してみて下さい。
力が入っているのは右手だけですか?
右の股関節にも力が入っているのがわかる筈です。
身体の筋肉は連動し1枚の筋膜で繋がっているからです。
また縮んだ硬い筋肉は能力を最大限に発揮する事が出来ません。
緩んだ状態から縮んだ時に力が発揮されるからです。
筋力が80の人で40までしか緩ませる事が出来ない人と筋力は60でも10まで緩ます事が出来る人なら、差が40と50で後者の方がより高いパフォーマンスを発揮するとこが出来るのです。 筋力を上げる事ばかりでなく緩ませる方も考えるべきなのです。
筋肉を緩め正常なパフォーマンスにしてあげる事を伸ばすといいます。
3. 整えるとは関節と筋肉を正常な位置に戻してより動きを良くする事。
噛み合っている歯車を想像してみて下さい。
噛み合っている歯車は小さい歯車で大きい歯車を回すほどの力を出す事が出来ます。
しかし、少しでも嚙み合わなければ力は伝わらず、回す事も出来なければ、もしかすると壊れてしまうかもしれません。
人間で言えば歯車が関節、回す力が筋肉に相当します。
つまり噛み合っていれば少しの筋肉で最大限力を発揮しますし、少しでも関節が歪んでいれば、どれだけ力を入れても力を発揮するどころか、痛めてしまう可能性もあります。
正常な位置に関節を整え筋肉が最大限、力を発揮できる様にする事を整えるといいます。

人間の身体は微妙なバランスによって保たれ常に体内環境を正常に維持しようと心掛けています。(これをホメオスタシスの維持と言う)
ホメオスタシスの維持こそ大切でありそれが全てと言っても過言ではありません。
ほぐす、伸ばす、整えるとは身体を正常なバランスに戻す。
つまりホメオスタシスの維持を助ける事なのです。

鍼灸施術

鍼灸施術
髪の毛ほどの太さの鍼で経穴・筋肉・神経を刺激し、鎮痛・筋緊張の緩和・循環の改善・自然治癒力の調整を行います。当院では、一回使いきり(ディスポーザブル)の鍼、直接皮膚に触れないスモークレス灸を使用しています。苦手な方には、皮膚面をこする鍼、転がすだけの鍼など、鍼はお体に合わせて、様々な手法があります。ぎっくり腰などの急性症状から、自律神経疾患・肩コリなどの慢性症状まで幅広く対応し、鍼灸が初めての方にも丁寧に施術させて頂きます。
3ステップ 方針・安定・調整
1. 方針
鍼灸施術では、患者様のお身体全体を診させて頂きます。
何故なら、身体の動作は1つの筋肉の動きではなく、複合的に色々な「歯車」のように筋肉が連鎖的に作用しています。
例えるならランニング。足を蹴り出して前進していますが、手を使わないで走ると走り辛いですよね。日常的に私たちは無意識の内に、身体全体を使っているのです。
腰や足などの筋肉疲労が原因で、足からの歯車の不具合が回りまわって腰に肩に痛み症状を誘発することもあります。鍼灸では、手では届かない歯車に付着した筋肉の不具合を調節しお身体トータルで診させて頂きます。
「鍼は痛いですか?」
と聞かれることがよくありますが経験上、90%以上の方が『思ったより痛くなかった。』と言われていますので、初めての方も安心して受けて頂けます。
2. 安定
精神・肉体は、呼吸と同じで吸ってばかりではいつかパンクし、自律神経疾患やぎっくり腰などを引き起こしてしまいます。
精神面と肉体面の両方のバランスを調節し、メンタルや痛みの安定を図ります。
家族や仕事の悩みなど些細なことにも耳を傾けるのでなんでも聞かせて下さい。
話すだけで痛みが緩和された例も実際にありました。
肉体疲労の蓄積はしっかりお身体に現れます。
お身体からの「良くなりたい!」という訴えを私たちがサポートします。
3. 調整
鍼やお灸は身体からすると異物となり、刺激することにより身体は活性化しますが、少し乱れた状態の波長になります。
私たち鍼灸師は、乱れた波長を穏やかにし、神経・筋膜・筋肉を整えます。多くの方は「痛みが取れたら治った。」と思われることが多いです。筋肉は使っている限り完全にほぐれることはありません。
同じような使い方をしたり、その人それぞれの癖で硬くなりやすい筋肉は個々にあり、その疲労が蓄積し、ボーダーラインを超えると、痛みになります。
治療することによってボーダーラインより下がっても、疲労を放置するとすぐに痛みが出てきてしまいます。
例えば、肩こりの全く感じない方も触ってみるとパンパンに張ってるということはよくあります。
ですが本人はそれに気づかないため、頭痛や吐き気など重い症状になってから初めて分かるということがあります。肩が痛くても肩が悪くての痛みとも限りません。それを部分的ではなく全身を触り、調整していくことが大切になります。
世の中には色々な治療法・テクニックがありますが私たちの経験上、どんなに上手な手技をしていても「こころ」がなければ 患者様には伝わりません。
つらい症状が和らいだ後も、症状が現れた原因を追求し再発しない身体づくりを目指します。
来院される前よりも元気に活動的な日常を過ごせるようにサポートし患者様の人生を豊かにしたいと考えています。
私たちはじっくりと患者様の身体と向き合い、患者様にも同じように感じて頂き、ご自身と真剣に向き合って頂けると嬉しいです。

● WHO(世界保健機構)は、49疾患を鍼灸の適応疾患(下に一部例)としています。

神経痛(三叉、肋間、坐骨など)、頭痛、歯痛、顔面神経麻痺、胃炎、胃酸過多症、口内炎、慢性肝炎、慢性腸炎、便秘、下痢、肩こり、寝ちがい、ムチウチ症、頸肩腕症候群、いわゆる五十肩、テニス肘、腱鞘炎、腰痛症、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、関節炎、関節リウマチ、筋肉痛、捻挫、高血圧症、低血圧症、心臓神経症、動悸、浮腫、冷え性、糖尿病、甲状腺機能障害、痛風、慢性腎炎、膀胱炎、ネフローゼ、眼精疲労、鼻炎、耳鳴り、めまい、生理痛、月経異常、更年期障害、のぼせ、風邪、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、喘息、小児喘息、夜尿症、夜泣き、かんの虫、消化不良、自律神経失調、不眠症、ストレス、アレルギー、慢性疲労、花粉症、成人病の予防

×(かける)融合

山中院では鍼灸治療の他に、身体の歪みを整える「カイロプラクティック」・身体と精神をリラックスさせる「ヨガ」・身体を深部から暖める「インディバ」・猫背や転倒を予防する「トレーニング」などを提供し、お身体の不調の改善をしていきます。
鍼灸+○○の施術は単に、「+足す」ではなく「×かける」の施術で、単独施術よりも一層の相乗効果を発揮し、特に幅広い年代の方々に喜ばれています。
他にはマネの出来ないと自負している治療を体感して下さい

急な痛みの方へ

整骨 ※各種保険取り扱い

「痛み」には痛む原因と、治す方法があります。健康保険・労災保険・事故保険取り扱い

整骨
正しくは柔道整復と言い、『柔術』の活法を基本とした技術で、骨・関節・筋・腱・靭帯などの骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対し、手術をしない手技→整復・固定・後療により、自然治癒能力を発揮させ、回復を行います。
腰痛・肩痛・膝痛など、日常生活で知らない間に捻挫や挫傷を起こしている場合があります。その状態を判断し、健康保険での施術を行います。骨折・脱臼・捻挫・打撲などの症状の方におすすめです。
トップ 施術内容 先生紹介 先生・施術 紹介 患者様の声 採用情報 お問い合わせ 当院のご案内

受付時間

所在地・交通

初回来院時のお願い

初めて来院された患者さまには、なるべく3回に分けてのご施術をお願いいたしております。
●「初回」 できるだけ詳しくお体の様子を聞かせてい頂き、それをもとに施術。
●「2回目」前回の施術後の効果を確認し、方針の継続・変更を決めて施術。
●「3回目」これまでの施術経過を確認・比較して、最良の方法を考え施術。次回以降の方針説明。
初回でほぼ症状が改善してしまうことも珍しくはありませんが、こうして3回続けて経過を聞かせていただくことで、当てずっぽうの施術ではなく、経験に基づいて、患者さまの姿勢・体質、回復力や生活習慣など、お体を不調にしている原因を解明し、より早く改善していくことができます。3回目終了時の体調に合わせ、担当スタッフより今後の施術方針の説明があります。(学生等、予約3回原則に当てはまらない場合もあります。)※初回ご予約の方は30分程度お時間に余裕をもって来院してください。