価値ある40代からの美容…続けられる喜びを…『yamanakain(ヤマナカイン)』『泰陽堂』

  • 072-981-9177
  • 06-6568-9750

泰陽堂 更新情報詳細

line_162035911524328

2019年6月25日

ヘルニア・狭窄症などの運動器疾患がある方ほど受けて欲しい!リハビリピラティスのすすめ

なかなか取れない慢性痛が、ここに来て楽になりました!!

山中鍼灸整骨院新町院には、がんこな慢性痛を抱えた患者様が、満面の笑みで帰られます。

 

しかし!

施術で頑固な痛みや辛さが取れた!

でも3日ほどで繰り返す。

そんな方もいらっしゃいます。

その原因は普段の何気ない身体の使い方にあります!!

 

そうお話されるのは、柔道整復師資格を持ちながら、正しく美しく動ける身体作りの為にトレーナーやピラティス指導をされている高田力先生!!

高田先生の経歴はこちら→先生紹介

 

例えば・・・。

床の荷物を持ち上げるときにどんな動き方をされますか?

膝を曲げて持ち上げる方と、足を伸ばしたまま腰だけを曲げて持ち上げる方が居てます。

重い者なら膝を曲げると思いますが、軽い物なら’ぱっ’と腰だけ曲げる方が多いのではないでしょうか。

 

実は・・・。

この’ぱっ’っと楽に動く癖こそ、腰痛や肩こりを引き起こす原因なんです。

 

腰だけ曲げて床に手をやると、腰回りの筋肉は非常に固くなります。

一方で骨盤は動きません。

その為、腰の筋緊張が起こり、骨盤は常に同じ位置にあるので、背骨の柔軟性も下がります。

OMG150918060I9A6422_TP_V

最近患者様を見ていると、この背骨を動かせない方が非常に多いです。

胸の後ろの骨だけ、腰の骨だけ、首の骨だけ・・・。

など、部分だけ動きが多く、連動が出来ていないんです。

 

得意な部分だけ動かすから、不得意な部分はずっと動かない。

結果、姿勢も悪くなり、身体に痛みや慢性的なコリが生じてしまいます。

 

施術を受けると、固くなった部位が血流改善し、非常に動かしやすくなります。

しかし、根本的な動きの悪さに気がつき改善しなければ、結局また同じ繰り返しになります。

 

line_195427640659110

僕は、柔道整復師の資格を取ったときに、リハビリのスペシャリストである理学療法士が考案したピラティスを学び、その技術を取得しました。

ヘルニアや脊柱管狭窄症などの運動器疾患をお持ちの方にもリハビリとしてピラティスを行っています。

エクササイズのイメージが強いですが、僕のピラティスはリハビリとして疾患をお持ちの方も楽に動けるような身体作りを行っています。

 

僕がピラティスを患者様に説明するときは『’ぱっ’っと無意識的に動くときに、ちゃんとコアの筋肉を使える身体にしてくれる体操です。』

とお伝えしています。

 

人は9割の行動が無意識に行っていると言われています。

’ぱっ’っと動くときは、なるべくその方にとって楽な動き方をされます。

その時に、普段からピラティスでコアを意識した運動をしていれば、しっかりコア(体幹)を使って動くことが自然と出来るようになります。

痛みで歪みやすい運動器疾患をお持ちの方は、なかなか歪みをリカバリー出来ない。

その為症状が悪化していく方も多き見てきました。

しかし、使える筋肉をしっかり鍛え、固まった筋肉をストレッチで動かしていくことで、身体は動きやすくなります。

line_195404700153963

ヘルニア・狭窄症などの運動器疾患をお持ちの方は、是非一度リハビリピラティスを受けてみて下さい。

 

他にも。施術を受けても、また症状がぶり返すかた。お忙しくてなかなかメンテナンスに来られない。にもオススメ!

 

 

 

ご自身の身体を知ることから、健康な毎日が始まります!!

 

高田先生は毎週火曜日新町院にも出勤されています。

ご予約はお早めに!!